屋外と屋内に設置するのぼりのそれぞれの特徴は?

のぼりを設置する場合、屋外と屋内では環境が大きく違ってくるので、それぞれの特徴に合ったのぼりを作っていく必要があります。

そこでここからは、屋外と屋内、それぞれの環境でおすすめののぼりについて解説していきます。

◇屋外でおすすめののぼりとは?◇

屋外でのぼりを作成する場合、最も重要になってくるのは「耐久性」です。

長時間、雨や風、日光、ホコリ、排気ガスにさらされることになるため、これは当然と言ってもいいでしょう。

そのため、生地に加工をするなどして強度を高める工夫が必要となります。

また、屋外のぼりの場合は風に飛ばされないように注水台スタンドも必須となっています。

後は風の影響などでのぼりが巻き上がってしまって文字が読めなくなるということも考えられるので、こういったことを防止するようなパーツを揃えておくことも重要です。

◇屋内でおすすめののぼりとは?◇

屋内でのぼりを活用する際は、そこまで大型のものではない場合が多いです。

そのため、小サイズののぼりに対応しているような業者を選んで注文していくといいでしょう。

屋内の場合はのぼりの強度をそこまで気にする必要はないので、設置場所に合ったパーツを購入するなど、カスタマイズの部分に費用を使っていくことができます。

◇屋外と屋内で使い分けができる◇

のぼりは屋外と屋内で用途が異なってくるため、まずはどちらで使うのかを明確にしてから業者に依頼するようにしていくといいでしょう。